キャンプ道具

小学校に入学した息子用に選んだリュック「ノースフェイス スモールデイ」が最高。遠足やキャンプ何でもオススメ。

ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653

皆さんお子さんのリュックってどうされてますか?
すぐに体が大きくなるのでサイズ選びが大変ですよね…

我が家の息子も先日小学校に入学しました。
自分で荷物が持てる体格になってきたし、遠足などの学校行事にも必要になると思い色々探してノースフェイスのスモールデイというリュックを購入しました。
幼稚園や保育園の年長さんや、小学校低学年のお子さんを持つ方のリュック選びの参考になれば、と思い書かせていただきます。

小学生の低学年が使うリュックのサイズ・容量について

子供へのリュック選びで、一番大切なのによく分からないこと、それはサイズだと思います。
子供がどのくらいのリュックを担げいいかって、普段意識していないのでよく分かりません。

色々情報を調べてみたところ、分かったのは小学1〜3年生くらいまでは容量15Lくらいのリュックがオススメということ。
体格に個人差はあるとはいえ、小学3年生まで15Lでカバーできるのであれば小学1年生の子供が15Lのリュックを使って小さいということは無さそうです。
そこで色々なブランドの15Lくらいのリュックを探して見つけたのがノースフェイスのスモールデイです。

最近人気が過熱気味のノースフェイスですが、僕は以前からノースフェイスは愛用していて、リュックの品質に関しては信頼しています。
仕事に行く時のリュックもノースフェイスです。
なので、ノースフェイス 定番のキッズ向けリュック、「スモールデイ」はシンプルだし安心して使えるのでこれを選びました。

ノースフェイス スモールデイは実際に手に取ってみると小さく感じるが、子供にはぴったりの大きさ

これも結構重要なので先にお伝えしておきますが、15Lのリュックって大人が思っている以上に小さくて、最初手に取って見た時は正直「え?これ小さくね?幼稚園児用では?」と思った位です。
しかしネットの情報はどこも15Lになってますし、とりあえず担がせてみたのですが、普通に超いい感じでした!(笑)
実際に息子が担いでいる写真アップしておきます↓
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
写真見ていただくと分かると思いますが、15Lのリュックで全然小さいことは無くて、3年生まで15Lと表記されている通り、しばらく使えそうです。
実際情報を調べずに、手に取ってイメージだけで買ってきたら確実に高学年、もしくは中学生用を選んできたまであります(笑)。

大きいリュックでも逆に長く使えそうな気がしますが、多分大きすぎて体の外側に出てしまったベルトなどがが引っかかったり事故のリスクが高まると思うので、やはり丁度良いサイズを選んであげることはとっても大切だと思います。

経験の無いことは、自分の感覚を信じずにちゃんと情報を調べることの大切さを感じだ瞬間でした…

ノースフェイス スモールデイスモールデイ(キッズ)NMJ71653を写真で紹介します!

ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
それでは購入したノースフェイス スモールデイ キッズを写真でご紹介していきます!
こちらが正面から見たデザイン。シンプルなデザインが好きな人はめちゃめちゃドンズバに気に入るデザインだと思います。
個人的にはもはや美しいという領域です。

ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
ザックの下の方にはノースフェイスのリュックでは定番ですが、「SMALL DAY」と、型名が刺繍されています。
これもカッコいいんですよねー
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
上部にはノースフェイスのロゴ。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
左右に水筒やペットボトルを入れておけるドリンクホルダーが付いています。左側。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
こちらが右側のドリンクホルダーです。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
サブポケットのファスナー。取ってがついているので開閉しやすいです。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
サブポケットのファスナー開けると、イエローの中地が見えてきます。
このポケットも普通に容量があるので、ティッシュやハンカチなどすぐに取り出したいものを入れておくのだ良いと思います。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
メインのポケットも中地はイエローです。(※生産時期によって変わる可能性あり)
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
メインポケットの外側にはメッシュがついていて、この中にも小物を仕分けして入れておくことができます。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
ノースフェイス スモールデイの裏面。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
右腕の方にカラビナがついています。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
チェストストラップ。このバックルは一定の荷重がかかると開放する仕組みになっているみたいです。子供が使うものなのでこういった細かい安全に配慮した仕様は嬉しいですね。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
このバックルを外すと何と笛になっていて、万が一、助けを求めたい時などに使います。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
ウエストベルトもついています。
ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
背中に当たる部分はクッションが入ったメッシュ仕様になっていて、凹凸もあるので蒸れにくい仕様になっています。安いリュックだとここが、ぺたーんとなっていて担いでいる時に不快になることが多いイメージです。

小学生や年長さんのお子さんにはノースフェイスの「スモールデイ」がオススメ!

ノースフェイス スモールデイ(キッズ) NMJ71653
いかがでしたでしょうか?

今回、小学1年生の息子が快適に使えるオシャレなリュックを探してたどり着いた「ノースフェイス スモールデイ」は本当に満足のいくものでした。
また、アウトドア仕様ですが黒色で落ち着いたデザインなので、学校の遠足、キャンプ、ハイキング何でも使えると思います。
もし同じ位のお子さんのリュックを探しておられる方は是非参考にしてみて下さい。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!